彼女と義母と義妹と僕 その48

「はぁぁあ・・部・・部長ぉ・・・あ・・あぁ・・・」

明の舌撃にビクンと跳ねながら尚子が悶える

明の舌は尚子の秘穴に入り込み中を舐めまわす

溢れた愛液をチュウチュウと音を立てながら吸い上げる

「あぁ・・い・・いい・・」

尚子も負けじと怒張を咥える

「うぉっ・・あぁ・・」

バキュームのような吸引にたまらず秘部から顔を離して明が悶える

「ふふ・・お返しよ・・」

そう言いながら吸い上げていく

「尚子・・いいよぉ・・僕も・・」

言いながら再び明が秘部に舌を這わせて、肉芽を舐め上げていく

「あ・・あぁ・・ぶ・・ぶちょうぉ・・・はぅぅああ・・」

「しょ・・しょうこぉ・・いいよぉ・・」

「ぶ・・ぶちょぉ・・あ・・あたしもぉ・・」

怒張から口を離し幹に舌を這わせながら尚子が腰を振り悶える

「あ‥あぁ‥あたしぃ‥変になりそう・・あ・・あぁ・・お・・おねがいぃ・・ぶ・・ぶちょうぉ・・」

その様子から尚子の絶頂が近いことを感じた明はさらに舌撃に激しさを増させる

「あ・・あぁ・・も・・もう・・もう・・」

押し寄せる快楽の波に耐えきれず尚子が怒張から口を離して悶える

「しょうこ・・いっていいんだよ・・いきなさい・・」

明のその言葉が尚子の心の砦を崩す。快楽が一気に襲い掛かり絶頂へ導く

「あ・・あぁ・・もう・・もう・・」

尚子の反応に明はさらに肉芽をつまみ捏ね上げて秘穴に舌を差し込んで中を舐めまわす

「あ‥あぁ‥もう‥い・・いく・・いくぅ‥いっちゃうぅ‥いくのぉぉぉぉぉ~」

尚子がのけ反りビクビクと震えた瞬間、おびただしい愛液が秘穴から噴出する

「あ・・あぁ・ああぁぁぁぁぁ~」

震えながら明の顔に秘部を付けたまま尚子が崩れ落ちる

「はぁはぁはぁ・・はっはっ・・」

荒い息をしながら怒張をしごき続ける尚子は徐々に息を整えていく

「はぁはぁ・・ぶちょうぉ・・いっちゃったわ・・・」

尚子の言葉に満足げに明がゆっくりと起き上がろうとする

「尚子ので顔がビチャビチャだよ・・」

「いやん・・はずかしいぃ・・」

そう言いながら体制を変えて尚子が明の顔を見る

「ふふ・・できるかななんて言っていたのに・・こんなになってるぅ・・」

尚子が怒張を握りながら尚子が嬉しそうにつぶやくと

「尚子が魅力的だからさ・・・」

「うれしい・・じゃあ・・サービスしちゃう」

そう言うと尚子が明の上に跨ると怒張を

秘部にあてがった・・

その様子を顔をあげ見ている明は期待に胸を膨らませていた

コメント

非公開コメント