彼女と義母と義妹と僕 その14

ゆっくりと明に跨り尚子が怒張を握りしめる

「ふふ・・部長・・大好き・・・」そう言って微笑み、自らの秘穴に怒張をあてがうと

一気に腰を沈めた「くぅ・・あぁ・・・」「ん・・ん・・はぁん・・・」二人が同時に喘ぐ

「部長ぅ・・・今日もすごく固いわぁ・・・」「しょ・・尚子・・あぁ・・気持ちいいよ」

明が歓喜の言葉を発しながら腰を突き上げる

「あぁん・・まってぇ・・・あたしが・・」

尚子はそう言うと明の胸に手をつくと腰を浮かせる。

「あたしが動くわ・・あぁん・・」言葉と同時に腰を沈める

「あ・・あぁ・・あん・・」そのまま腰をゆっくりグラインドさせながら上下に動く

「しょ・・尚子・・愛してるよ・・・」明が動く尚子を見つめながらつぶやく

「あぁ‥部長ぉ・・・あ・・あたしも・・愛してるぅ・・・」

動くながら前かがみになって尚子は明の唇に自らの唇を重ねていく

「うん・・ん・・・うぐ・・」互いに舌を出して絡め合いながら明が尚子を抱きしめる

「はぅ・・はぁん・・・あん・・あん・あ・・あ・・・あぁ・・・あぁあぁん・・」

そのまま明が腰を突き上げ始めると

唇を離し明の顏の横に顔を落とし尚子が喘ぐ

「ぶ・・部長・・す・・すき・・・あぁ・・す・・すごいぃ・・・いい・・・あ・あ・あ・・あぁ・・・」

喘ぐ尚子に明は耳に這わせていく。「はぅ・・そ・・それぇ・・・あん」

「尚子・・すごくいいよぉ・・最高だ・・」

「あぁん‥あ‥あ・・部長・・・きてぇ・・もっとぉ・・ついてぇ・・・」

再び顔を上げ起き上ると尚子が後ろに手をついてのけ反る

「あぁ・・あん・・・は・・はぁん・・あふん・・んん・・」

明が両手を伸ばし尚子の乳房を揉み始める

「あぁ・・尚子ぉ・・」「ぶ・・部長ぉ・・」

明が突き上げに尚子が答えるように腰を動かす

「す・・すごいぃ・・いい・・・あ・あ・・あぁん・・はぁ・・あ・あぁ・・あああふぅあん・・」

クチュクチュと出し入れされる肉棒と秘肉の擦れる音が響く

「あぁ・・あぁぁ・・はぁ・あはぁ・・んああ・・」

明の突き上げに力がこもっていく

「あぁ‥部長ぅ・・・もう・・もう・・・いきそう・・いく・・・」

「尚子ぉ・・逝っていいよ・・・逝ってごらん・・・」

明の言葉が呪文のように尚子の快感を開放する。

「あぁ・・あん・・・あ・・もう・・も・・もう・・・」

とめどなく襲い掛かる快感に尚子も限界を迎えようとしていた

「あぁ・・も・・・・あ・あ・・いく・・いく・・・いっちゃぅうのぉぉぉ・・」

絶叫するように叫ぶとのけ反った尚子ががくがくと震える

「あぁぁああぁぁぁっぁぁああ・・・」そのまま反動で明にもたれかかるように

崩れる尚子を明は受け止めながら「いったのかい?」とささやくと

「はぁはぁはぁ・・部・・部長ぉ・・いっちゃったぁ・・」

荒い息をしながら尚子がつぶやく

「ふふ・・いけない子だ・・・」

言いながら明は再び腰を突き上げていった

コメント

非公開コメント