• 彼女と義母と義妹と僕 その194
    「う・・ん・・・」目をゆっくりと開いて裕子はソファから体を起こす「いやだ・・寝てた?」慌てて起き上がり時計を見る「うわ・・12時回ってる?」時計は既に12時20分を過ぎていた立ちあがるとそのままキッチンに向かう「お昼どうしようかな?」考えながら冷蔵庫を開く「そう言えば・・芽衣は?」冷蔵庫を閉じてリビングを出る階段の手前で靴を見ると芽衣の靴はある「あの子部屋かしら?」そう言いながらゆっくり階段を上がると芽...
  • 彼女と義母と義妹と僕 その193
    明のマンションについた尚子は部屋に入ると真っすぐリビングに向かった。「ふぅ・・重かった~」エアコンの風が心地よく流れる中「さ、急がないと・・」そう言うと袋を持ってキッチン横の冷蔵庫に食材を入れていく・・「これで・・よし・・」食材を冷蔵庫に収めて立ち上がると尚子は紙袋を持って洗濯機に向かう洗濯機に自分と明のものを入れてスイッチを押す「ふぅう・・・」一息つくとリビングに戻る「ちょっと暑いわね・・」そう...
  • 彼女と義母と義妹と僕 その192
    洗面所でうがいをして雅は鏡を見ていた初めての体験に顔を赤らめる涼真の歓喜の証を飲んでしまったそのことが雅をなんとも言えない気持ちにさせる口の中にすこし残るねっとり感をすすいで吐くとそのまま部屋に戻った「涼真?・・・」部屋に入ると涼真はベッドに横たわったまま天井を眺めていた「あ・・ごめんな・・口の中大丈夫?」かえってきた雅を涼真は見ながらいたわるように言うと「あ・・うん・・大丈夫・・」ベッドに腰掛け...
  • 彼女と義母と義妹と僕 その191
    朝食を終えた裕子はキッチンで洗い物を終えると脱衣所に向かった。洗濯機を開いて洗濯物を入れていく「あ・・これ・・」涼真の洗濯物の中に昨日のユニフォームがあったまだ、汗にやや湿っているそれを見ながら「もう・・これで見ることもないのね」ふと呟いたそれを顔に当ててみると男臭い臭いが鼻をついた「はぁ」そのまま纏めて洗濯機に入れボタンを押した洗濯機が動くのを確認して脱衣所を出る「ふぅ・・・」リビングに戻るとキ...
  • 彼女と義母と義妹と僕 その190
    明のマンションをでた尚子は急ぎ足で歩いて行く尚子のマンションまでは歩いて15分程だが日差しがきつくなってきた「暑いな~」言いながら自宅を目指して歩く朝とは言え休日のせいか人通りもまばらでだった急ぎ足で自宅に向かっていったやがて自宅のマンションが見えてくる「ふぅう・・着いた・・」呟きながらマンションに入る部屋に入ると電気をつけた「さて・・洗濯ものと・・」そう言うと洗面所に向かい少しだけ溜まっている洗濯...
  • 彼女と義母と義妹と僕 その189
    「う・・うぐぅ・・ぐぅ・・」唾液を垂らしながら顔を上下させ怒張を頬張る雅の顔を涼真はじっと見た「はぁはぁ・・雅・・来てくれ」そう言うと涼真は雅を誘う雅は怒張から口を離し頷くと涼真に跨りずり下がる涼真の目の前に雅の女陰が再び露になる「涼真ぁ・・あぁ・・」涼真は手を伸ばして陰唇を押し広げる「はぁはぁ・・雅・・おれも・・」そう言うと舌を出し陰唇をゆっくりと舐め上げる「はぅう・・・りょ・・りょうまぁあぁぁ...
  • 彼女と義母と義妹と僕 その188
    寝苦しさを感じながら涼真はゆっくり目を開ける「あ・・眠っていた・・」隣で雅が寝息を立てている雅を起こさないように静かに起き上がるとスマホを取り時計を見た「あ・・10時・・」時計は10時13分を表示していたベッドに座りながら深いため息を吐く「おれ・・雅を・・」静かに今朝の行為を思い出すショックから雅にすがり、欲望のままに雅を激しく求めたことへの自己嫌悪が涼真を襲う「はぁ・・」もう一度深いため息をつきながら...
  • 彼女と義母と義妹と僕 その187
    「あ・・あたし・・おにいちゃん・・」指で秘壺をなぞりながら芽衣は小さく呻く秘壺を指で開き肉芽を擦る「あぅぅ・・あはぁ・・・」その刺激に芽衣は一瞬ビクンと跳ねる「も・・もう・・こんなに・・」秘穴から徐々に溢れてくる愛液の温かさを感じながら芽衣はパンティーを脱ぎ、脚を開いた「はぁはぁ・・あぁん・・お・・おにいちゃん・・」初めて入って来た涼真の感覚を思い出しながら肉芽を擦り上げる「はぅう・・あん・・あぁ...
  • 彼女と義母と義妹と僕 その186
    どのくらい眠ったのだろう?目を覚ました芽衣はスマホを見る「あ・・もう9時やん・・」ゆっくりと体を起こすとベッドに座りため息を吐く早朝に涼真が出ていく足音を聞いたのは記憶にあるその後、再び眠りについた芽衣はその後の記憶がなかった「あちゃ・・寝すぎかな・・」そのままスマホを持って立ち上がり部屋を出ると階段を下りてリビングを覗いた「おはよう・・」キッチンで洗い物をしている裕子は芽衣に気がついて声を掛けた...
  • 彼女と義母と義妹と僕 その185
    「部長・・できましたよ・・」言いながら机に食パンとバターを出して尚子は明に声を掛けた「ああ・・すまないね・・・」ゆっくりと立ち上がりると明は椅子に座ったコーヒーを持って、尚子も椅子に座る「いただきます」明が食パンにバターを塗ると食べ始めた「すみません部長・・こんな朝食で」申し訳なさそうに言う尚子に明は「いいさ、気にしないで・・食べなさい・・」「はい・・」明の言葉に尚子も食パンにバターを塗り、食べる...